<< 本日の陶芸教室 Vol.122 本日の陶芸教室 Vol.121 >>

大雪その後

a0163716_22581484.jpg


工房の氷柱がこれほどまでに育ったことはありません。1mくらいあるんじゃないでしょうか。それだけ先週末に降り続いた雪の凄さを実感できます。雪履きも大変というレベルを通り越して、どこから手をつけて良いのやら途方に暮れるほどの量でした。もはや人力ではどうすることもできず、重機で雪をどかす作業。そこいらで自分の身長よりも高い雪の壁ができています。重機があってよかったです、無ければ未だ工房には入れなかったかもしれません。因みに工房までの道は、今はすっかりアスファルトも見えるまでに除雪されていて走行に何ら問題はありません。ただちょっと狭いところはまだありますのでそこはお気をつけください。

a0163716_22581676.jpg


話変わって、教室に火鉢を設置してみました。停電があった時には、やはり昔ながらの道具が活躍します。遠赤外線の優しい暖かさが体の芯からポカポカにしてくれますよ。暖かくなるまでには時間がかかりますけどね。でも火を眺めていると目の保養にもなるし、気持ちも落ち着いてきます。春になるまでの間、火鉢を楽しみたいと思います。
by lepote | 2014-02-19 22:28 | 工房 | Comments(0)
<< 本日の陶芸教室 Vol.122 本日の陶芸教室 Vol.121 >>