<   2014年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

本日の陶芸教室 Vol.165 大玉村生き粋大学

a0163716_2146391.jpg


今日は大玉村から生き粋大学の皆さんが絵付け体験にいらっしゃいました。平均年齢70歳以上、最高齢の方はもうすぐ90という方でした。とにかく皆さん若い!絵付けをされている時は子供みたいにとても楽しそうでしたし、帰りは工房裏の急な坂道を元気に登って行かれました。まだ先ではありますが、僕も元気に老後を迎えたいと皆さんを見て思いました。
by lepote | 2014-07-31 21:33 | 一日陶芸体験 | Comments(0)

(仮称)ルポット発電所ができるまで 其の七

a0163716_2250792.jpg


先日まで単管パイプで架台を組んでいたところにモジュールを設置する為の専用レールを敷きました。レールは長さ4m以上ありますが、アルミでできていて軽くて丈夫です。全て海外からの輸入品ですが、取付金具は日本の単管パイプの規格にぴったり合うサイズに出来ています。この後、このレールの上に太陽光パネルを取り付けます。それでは今日はこの辺で。
by lepote | 2014-07-30 22:51 | 発電所ができるまで | Comments(0)

(仮称)ルポット発電所ができるまで 其の六

a0163716_2238281.jpg


工房の前にある斜面に野立て用の架台を単管パイプで組み立てているところです。ユンボが出動しているのは、斜面上部にコンクリートブロックを設置する為です。1t近くあるコンクリートブロックには単管パイプが入る穴が空いてあり、そこから縦杭を建てて架台を補強しました。

a0163716_22382762.jpg


反対から撮影したものですが、架台組み立ての進捗状況です。この時点で全体の約半分の野立て用架台が完了しました。単管パイプは4mのものを150本使用し、2mの杭を斜面に約1.5mほど打ち込んでいます。山を切り崩してできた斜面なので、地盤が弱い為できるだけ深く打ち込み強度を上げています。

a0163716_22382841.jpg


架台を下から見上げてみました。縦に12mの長さがあり、モジュールが12枚並ぶ計算です。それが2枚並列に設置されるので1架台につきモジュールが24枚になります。次回は単管パイプにレールを設置したところをご紹介します。それではまた。
by lepote | 2014-07-28 21:42 | 発電所ができるまで | Comments(0)

本日の陶芸教室 Vol.164

a0163716_2255821.jpg


地元の子供会で絵付け体験にいらっしゃいました。今年から導入したエアコンにより教室内は快適そのものでした。昨年までの夏は扇風機で凌いでいたかと思うと、皆さんにご迷惑をお掛けしていたのだなと内心反省。でもこれからは大丈夫です!快適に過ごしていただけます。さて、絵付けは子供達とそのご父兄さんみんなで楽しんでいただけました。涼しい教室の中で絵付けに没頭していたようです。約1時間のコースでしたが皆さんキャラクターの絵を描いたり、それぞれ個性的な作品が多かったです。
by lepote | 2014-07-26 20:47 | 一日陶芸体験 | Comments(0)

(仮称)ルポット発電所ができるまで 其の五

a0163716_2222383.jpg


トタン屋根にモジュールを設置完了したところです。トタンとモジュールの間には手が入るスペースがないので、配線を同時進行で進めました。また瓦屋根に設置したモジュールを写真のように横一列にしたのは、モジュール下に瓦部分を残しておかないと雪が雪崩のようにトタンを直撃してしまう恐れがある為です。空いたスペースは有効活用したいところですが、モジュールが壊れてしまっては元も子もないので苦肉の策です。今回で屋根部分の取付は終わりました。次回からは野立てをご紹介したいと思います。それではまた。
by lepote | 2014-07-25 22:11 | 発電所ができるまで | Comments(0)

本日の陶芸教室 Vol.163

a0163716_22362933.jpg


本日の陶芸教室は手びねり体験に2名の生徒さんがいらっしゃいました。南相馬からだそうです、遠方からどうもありがとうございました。お二人とも不器用だとおっしゃっていましたが、全くそんなことはなく、むしろ上手に角皿や箸置きなどを作られていました。陶芸には粘土と触れ合うことで気持ちを落ち着かせる効果や、一定時間集中することでストレスの発散になると感じています。今回の体験は如何だったでしょうか。楽しんでいただけたら幸いです。
by lepote | 2014-07-24 22:12 | 一日陶芸体験 | Comments(0)

(仮称)ルポット発電所ができるまで 其の四

a0163716_23174568.jpg


前回に引き続き、瓦屋根にモジュールを取り付けたところです。モジュール一枚の重さは約27kgある為、取付には2人以上で行いました。因みに下のトタン屋根には地上からフォークリフトでまとめて持ち上げました。

a0163716_23174557.jpg


瓦屋根が終了し今度はトタン屋根に取り付けるところです。予めレールが敷いてある為、その上に決まった枚数のモジュールを並べて行きます。こちらもレール同様水糸を張り、縦横が綺麗に並ぶように調整しました。次回は取り付け完了後の全体状況を紹介します。
by lepote | 2014-07-23 22:20 | 発電所ができるまで | Comments(0)

(仮称)ルポット発電所ができるまで 其の三

a0163716_2243588.jpg


写真は瓦屋根にレール用の金物を取り付けているところです。前回紹介したトタン屋根用の金物とはまた違った金物を取り付けます。こちらは中国からの輸入品です。届くまでに結構待たされました。ただ流通しているものと違いかなり頑丈につくられている為、待たされた分このタイプを採用して良かったと思っています。なんせ20年間屋根の上に乗せなければいけませんから。古い屋根なので多少たわんでいる箇所がありますが、水糸を張り誤差を計算しながら金物を取り付けていきます。

a0163716_2243639.jpg


少し観づらいですが金物を取り付け後、その上にレールを取り付けたところです。このレールに対してモジュール(太陽光パネル)を取り付けていきます。次回はその取付状況をご紹介したいと思います。ルポっと発電所ができるまでの道のりはまだまだ続きます。乞うご期待!
by lepote | 2014-07-22 21:52 | 発電所ができるまで | Comments(0)

本日の陶芸教室 Vol.161、162

a0163716_2371059.jpg


昨日とは打って変わって今日は天気のいい3連休の最終日でした。いつまでもジメジメしているのも嫌ですからね、これからいままでの湿気を吹き飛ばしてもらいたいものです。さて、本日は午前に手びねり体験のお客様がいらっしゃいました。500gの粘土を使ってコーヒーカップに四方皿や箸置き、スプーンなど沢山の作品が出来ました。500gの塊と聞くと一見少ない印象がありますが、いざ作ってみると以外と多くの作品が出来ます。

a0163716_2371043.jpg


午後からはろくろの教室がありました。去年の夏に来ていただいたお客様が約1年ぶりにまたろくろ体験にいらしてくれました。どうもありがとうございました。以前は小さいものを作られたとのことでしたが、今日は大きめのお皿に挑戦しました。お皿は広げる時に少しコツがいるのですが、集中力を切らさず丁寧に仕上げることができました。7寸皿くらいにはなったでしょうか。それから変わった一輪挿しも印象的でした。10人いれば作るものも10通りあり、観ているだけでもなかなか楽しいものです。あとは丁寧に仕上げて皆さんに送りますので、しばらくの間おまちくださいね。
by lepote | 2014-07-21 22:44 | 一日陶芸体験 | Comments(0)

穴窯焼成のお手伝い

a0163716_2330735.jpg


夕方から近所の作家さんのところに穴窯焼成のお手伝いに行ってきました。今日は3日目の最終日で、今日まで約70時間以上薪をくべていたことになります。皆さんの顔はヘロヘロでしたが、お酒の力も借りてか妙なテンションになっていました、ま、いつものことですが。(笑)毎度のことですが、このスローな雰囲気を体感すると僕も穴窯が欲しくなってきます。メラメラ燃える炎をみていると妙に心が落ち着いてきます。
by lepote | 2014-07-20 23:16 | 私事 | Comments(0)