<< 不思議な形のカップ 本日の陶芸教室 Vol.746 >>

本日の陶芸教室 Vol.747

a0163716_17503019.jpg
教室の外壁は国見石を積み上げた単純な作りで、窓の開口部は間口が小さいのであまり明るいとは言えないつくりになっています。そのため工房開業前に屋根をカットして4列の天窓を作りました。詳しくは(仮称)ルポット発電所ができるまで 其の一をご覧下さい。

はじめは光が入って明るく開放感があったのですが、屋根に太陽光パネルを設置することになり天窓はその下敷きになってしまいました。天窓が再び陽の光を得るまでにはあと17年の歳月が必要です。長い。。




それでは、本日2組目のお客様です(2018年4月20日)ご来店。実は一番初めにお越しいただいたのが今から3年前に遡ります。色々と書きたいことがありますが要約できないくらいのボリュームがあります。一言で言えば「お世話になりました!」に尽きますが、またお越しいただき嬉しく思います。

電動ろくろでは、七寸ほどの平皿や飯碗など4点の作品が出来上がりました。どれもたっぷり入りそうな大きさなので普段使いにも十分活躍しそうですね。ぜひ完成を楽しみにして下さい。今日はどうもありがとうございました。


by lepote | 2018-04-21 10:51 | 一日陶芸体験 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://lepote.exblog.jp/tb/238473887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 不思議な形のカップ 本日の陶芸教室 Vol.746 >>