秋山の駒桜

今日はあいにくの曇り空だったので写真写りがちょっと暗いですが、今年も秋山の駒桜に行ってきました。工房から車で分くらいの所にあって、母の姉が住んでいる家の畑にあります。笑。その家からの眺めは最高です。僕が生まれて直ぐくらいに川俣町の天然記念物に指定されました。

a0163716_23413897.jpg


駒桜の名前の由来はいろいろあるので、気になる方は自分で調べてみてくださいね。樹齢は500年とも600年ともいわれています。正確な樹齢は分かっていませんが幹の大きさで大体それくらいかと判断されているようです。

a0163716_23413149.jpg


桜は菜の花との相性もいいですね。もうちょっと晴れてればなあ、残念。写真右上に何か見えませんか?そう、山のところ。

a0163716_23412587.jpg


実は亀さんが山を登っているのです。実際は亀の形をした岩が山を登っているように見えているのですが、通称「亀の子岩」と呼ばれています。桜に亀、なんだか縁起がいいです。

a0163716_23411811.jpg


駒桜の真下から撮ってみました。桜が萌えてます。癒されるなあ。

a0163716_23411078.jpg


今年は色々あったのでお客さんは少ないと思っていたのですが、僕が行ったころからどんどん増えてました。久々に小・中の同級生に会って(もう20年近く前かな)すっかりいい大人になってました笑。そんな僕もそうなんでしょうけど。


PS:留学時代に旧ブログで6年前に駒桜について書いてました。駒桜の名前の由来にも触れてましたねえ。樹齢も400年とかになっているし。笑

↓旧ブログ(マーブル・メルネット)
http://check.dp00012502.lolipop.jp/?eid=465601#

↓宜しければワンクリックお願いします♪
# by lepote | 2011-04-21 23:59 | 私事 | Trackback | Comments(2)

おしらせ

工房周辺の震災関連情報(環境放射能モニタリングに関して)を更新致しました。ホームページ、又は下記アドレスをご確認ください。


■工房周辺の震災関連情報(環境放射能モニタリングに関して)4月18日更新

http://lepote.jp/save_fukushima.html
# by lepote | 2011-04-19 02:25 | 私事 | Trackback | Comments(0)

モリノネ開催

子供から大人まで、皆の笑顔に出会えるイベント「モリノネ」が開催されました。昨日は朝から快晴に恵まれ、終止大勢の来場者で賑わいました。桜も見頃の七分咲きで、来場された人の中には清々しい春の日曜日を久しぶりの外出で楽しむことができたと、とても嬉しそうでした。

僕も作品の展示即売と「コドモの部屋」と題した絵付ワークショップで忙しくさせていただきましたが、たくさんの方と出会い、交流ができたことに、その忙しさを忘れるほど充実した時間を過ごすことができました。

開催に向けて尽力されたスタッフ、ボランティア、みんながモリノネファミリーです。みんな一人一人の力でこのイベントが成功できたこと、僕もスタッフの一人として嬉しく思っています。また今年の秋に開催される予定とのことですので、その時も是非参加してモリノネを盛り上げたいと思います。

会場の風景を写真に撮り忘れてしまい残念でしたが、絵付体験をされたお客様の写真をいくつかご紹介します。

a0163716_2343227.jpg



a0163716_2344160.jpg



a0163716_2351953.jpg


皆様お疲れさまでした!そしてご来場された皆様、どうもありがとうございました!

↓宜しければクリックをお願いします♪
# by lepote | 2011-04-18 23:44 | 私事 | Trackback | Comments(0)

ニューヨークから

ニューヨークで活動している友達の写真家、八木知さんから沢山の写真が届きました。人種や言葉の壁を越えて、本当にたくさんの方が日本を想ってくれているのが分かります。こういうことって今まであったでしょうか。皆さんから頂いた温かな気持ちをしっかりと胸に受け止めて、少しずつですが、でも確実に復興向けて頑張っていこうと思います。知さん、ありがとう。

八木知さんのサイトではまだまだ沢山の写真を見ることが出来ます。

【facebook】
http://www.facebook.com/album.php?aid=2119409&id=1207627072&l=5d21a859e7

http://www.facebook.com/album.php?aid=2122942&id=1207627072&l=6ec28b589e

【八木知 new york diary】
http://d.hatena.ne.jp/yagitomo/


a0163716_2340724.jpg


a0163716_23402493.jpg


a0163716_23412278.jpg


a0163716_23405665.jpg


a0163716_23413748.jpg


a0163716_23415244.jpg

# by lepote | 2011-04-16 23:54 | 私事 | Trackback(27) | Comments(2)

【斉藤農園】斉藤恵子より

皆様へ

ご注文いただいた皆様、そしてお友達やお知り合いにお伝えくださった皆様、昨夜からメールや電話での反響を多く頂き、家族共々、驚きと共に感謝の念に堪えません。本当にどうもありがとう御座います。

私たちもそうですが、この辺では農業により生計を立てている方々が多くて、毎年春になると山菜を収穫したり、田畑を耕して野菜の作付けをし収穫されたものを地元の直売所に卸しています。昔からの住み慣れた土地で、自然の恩恵を少しずつ頂きながら、自然と共に生活をしてきました。

今回、今まで使ったことがなかったインターネットを使わせていただいて、私たちの今の現状を少しでも多くの方々に知って頂けただけでもありがたいと思っています。以前のような生活に戻れるよう、少しずつではありますが、周りの助けも借りながら頑張っていきたいと思います。

本当に皆様のご厚意に感謝しています。
どうもありがとうございました。

それでは末筆にて失礼します。

斉藤農園代表 斎藤恵子



まだまだご注文は受け付けているとのことですので、宜しければお友達やお知り合いにお知らせください。僕はこれから他の農家の方にネット販売を提案してみようと考えています。どのくらいの人が集まるかはまだ未定ですが、多くの方の参加を募集しています。そして新たにネット販売のサイトを立ち上げる予定です。

【お問い合わせいただいた製造年月日について】
今回販売している「お餅」については、ご注文を頂いてから製造に取り掛かっています。4月14日現在以降にご注文いただいたものにつきましては、製造年月日はそれ以降の表示になります。

消費期限につきましては製造年月日から二週間ほどです。期限内に真空パックのまま冷凍保存をされればより長くお召し上がりいただけます。お餅は元々保存食用に作られたものですので、カビが入らなければ食用に問題ないとのことです。

「古代米」については、今回販売しているものはすべて平成22年度に収穫されたものです。お米専用の冷蔵庫に一定の温度で保存されています。品質に関しては問題ないとのことです。

コメントいただいた方、これから書きますね。少し遅れてしまって申し訳ないです。


<5/16更新>陶工房Studio Le Poteでは地元農家を応援する為に「農家応援サイト」を立ち上げました。こちらからご覧頂けます→http://lepote-nogyo.shop-pro.jp/

a0163716_22585010.jpg

# by lepote | 2011-04-14 15:31 | 私事 | Trackback | Comments(10)

実家の斉藤農園です

<5/16更新>陶工房Studio Le Poteでは地元農家を応援する為に「農家応援サイト」を立ち上げました。こちらからご覧頂けます→http://lepote-nogyo.shop-pro.jp/

a0163716_22594724.jpg


僕の実家は斉藤農園といいまして、主に山菜や野菜、お米、餅などを売っているのですが、東京電力福島第一の原発の影響で風評被害に悩まされています。実際お米や餅などは去年収穫されたもので、密閉された専用冷蔵庫で保管されているのでなんら問題はありません。にもかかわらず風評というやっかいなもののおかげでまったくと言っていいほど売れません。このままではどう生活をしていいのやら・・・両親も含め周りの住民は皆頭を抱えています。

そこで僕も何かできないかと考えてネットでの販売でお手伝いすることを考えました。今あるこのブログやホームページを使って斉藤農園の商品をはじめ、近隣住民の皆さんが精魂込めて育てたものを販売していこうと思います。尚、食品衛生法の関係から販売は加工品に限らせていただきます。

このブログを見てくださっている皆さん、宜しければお知り合いや友達にお知らせいただければ幸いです。どうかよろしくお願いします。


【ご注文方法】
商品ご購入の際はこのブログの記事コメント欄に「非公開コメント」でご注文頂くか、ブログサイドバーにある「お問い合わせ」からご注文ください。またお電話でもご注文可能です。お電話番号は024-565-5003までお願いします。

ご注文の際に、お届け先住所、お名前、お電話番号、【】内商品番号、をお知らせください。

商品はすべて送料込み(離島を除く)の値段です。お餅はゆうパックで、古代米はレターパック350にて郵送致します。離島にお住まいの方はその旨をお伝え下さい。追ってご連絡致します。

ご入金確認後、5営業日以内に商品発送となります。

【お振込先】
ゆうちょ銀行 
普通預金 店名:八二八 口座番号:1602584
サイトウ ケイコ


【商品No.1】いなか餅5点セット・・・・・・・・3500円(税込)、送料込み

a0163716_1610156.jpg

 
 全8種類のお餅の中から5種類を選び番号でご注文ください。
 ①白餅 ②しそ餅 ③ごま餅 ④草餅 ⑤ゆず餅 ⑥豆餅 ⑦しそ入り豆餅 ⑧ごま入り豆餅
 註1:④草餅に使用されているよもぎは、22年に収穫されたものを使用しております。
 註2:①白餅以外はすべて砂糖と塩が含まれております。


【商品No.2】いなか餅3点セット・・・・・・・・2700円(税込)、送料込み

a0163716_1693515.jpg


 全8種類のお餅の中から5種類を選び番号でご注文ください。
 ①白餅 ②しそ餅 ③ごま餅 ④草餅 ⑤ゆず餅 ⑥豆餅 ⑦しそ入り豆餅 ⑧ごま入り豆餅
 註1:④草餅に使用されているよもぎは、22年に収穫されたものを使用しております。
 註2:①白餅以外はすべて砂糖と塩が含まれております。


【22年度産古代米1パック300g】・・・・・1000円(税込)、送料込み 

a0163716_16171210.jpg





商品はなくなり次第終了とさせていただきます。
毎日手づくりで少しずつ作っております。皆さんのご注文を心よりお待ちしています。
どうぞよろしくお願いします。

斉藤農園代表 斎藤恵子(←僕の母です)


-----------------------------------------------

【4月15日追記】

皆様へ

ご注文いただいた皆様、そしてお友達やお知り合いにお伝えくださった皆様、昨夜からメールや電話での反響を多く頂き、家族共々、驚きと共に感謝の念に堪えません。本当にどうもありがとう御座います。

私たちもそうですが、この辺では農業により生計を立てている方々が多くて、毎年春になると山菜を収穫したり、田畑を耕して野菜の作付けをし収穫されたものを地元の直売所に卸しています。昔からの住み慣れた土地で、自然の恩恵を少しずつ頂きながら、自然と共に生活をしてきました。

今回、今まで使ったことがなかったインターネットを使わせていただいて、私たちの今の現状を少しでも多くの方々に知って頂けただけでもありがたいと思っています。以前のような生活に戻れるよう、少しずつではありますが、周りの助けも借りながら頑張っていきたいと思います。

本当に皆様のご厚意に感謝しています。
どうもありがとうございました。

それでは末筆にて失礼します。

斉藤農園代表 斎藤恵子
# by lepote | 2011-04-13 18:10 | 私事 | Trackback | Comments(24)

おしらせ

当工房周辺の震災関連情報といたしまして、環境放射能モニタリング測定値並びに東京電力福島第一原子力発電所から工房までの距離等掲載しましたので、ブログ右サイドバーにあるホームページよりご参照下さい。
# by lepote | 2011-04-13 04:28 | 私事 | Trackback | Comments(0)

【告知】モリノネ開催

a0163716_0313584.jpg


福島市、福島県を元気にしたい!その想いを一つに、一時は開催が危ぶまれた「モリノネ」を開催することになりました。福島市内外から選りすぐりのショップが一同に集います。また「子供の部屋」と題したワークショップも開催します。

今回のイベントでは売上げで得た収益金の一部を震災義援金として日本赤十字社(4/11訂正:ただ今義援金先を協議中)に寄付されます。僕も参加スタッフの一員として出来る限りの強力をし、皆さんとこのイベントを成功させたいと思っています。

開催日時は4月17日(日)10:30〜20:00で、開催場所は福島市森合にある正眼寺さんです。入場は無料となっております。お近くの方は是非ご来場下さい!



【場所】正眼寺 福島市森合一盃森14
【アクセス】福島交通 飯坂線 美術館・図書館前駅から徒歩5分 
駐車場50台(正眼寺駐車場&森合テニスコート・市民プール駐車場)

↓宜しければクリックをお願いします♪
# by lepote | 2011-04-10 23:58 | 私事 | Trackback | Comments(2)

フライヤー届く

a0163716_2144186.jpg


頼んでいたフライヤーが届きましたー。A6サイズ、2000部で5300円!安いですね〜、早速いつもの繁盛ラーメン店に置いてきました。

↓宜しければクリックをお願いします♪
# by lepote | 2011-04-09 23:59 | 工房 | Trackback | Comments(2)

窯の様子が心配

昨夜東北地方で起こった大規模な余震で、東北地方は今でも停電しているところがあります。幸い僕の住んでいるところは停電から免れましたが、停電することによりあらゆるところでその影響が出ているようで心配しています。ここ一ヶ月あまり心配ばかりしているので、何だか体が重いというか、いつもの調子になりません。テレビの報道を見ているだけでも気分が悪くなるので、あまり見ないようにはしているのですが、やっぱり気になってみてしまう。その結果、また気分が悪くなる。その悪循環の連続。この状況はいつまで続くのだろう。。。

今心配の種は、おととい焼成していてた窯のことです。昨夜の時点で窯内温度がまだ600℃あったため、まだ窯の蓋をあけられませんでした。窯の中がどうなっているのか。昨日の余震で僕の工房は震度5弱を記録したので、最悪の場合、中の棚板が崩れている可能性があります。窯はレンガを鉄板で覆われているので崩れることはないのですが、中はもしかしたらぐちゃぐちゃになっているかもしれない・・・

なんとか持ちこたえていてくれることを祈るばかりです。

↓よろしければクリックをお願いします。
# by lepote | 2011-04-08 23:59 | 私事 | Trackback | Comments(0)

ずっとウソだったんだぜ!

僕が(一方的に)敬愛する斎藤和義がやってくれました。本来は大騒ぎするようなことじゃないんだけども・・・。Youtubeにアップロードされていたものは次々と何者かに削除されたとか。言論の自由があるといっても日本はまだまだ到底欧米には及ばないわけで。。。

プライベートの動画が何者かによって勝手に流出させられてしまったらしいとのことだけど、まあ、本人だろうw レイジ(Rage Against The Machine)の反体制歌を聴いたときくらい感動した。涙でた。

斎藤和義「ずっとウソだったんだぜ!」

↓よろしければクリックをお願いします♪
# by lepote | 2011-04-07 22:34 | 私事 | Trackback | Comments(2)

OneLOVE-うつわチャリティーマーケット

a0163716_23512992.jpg


a0163716_0171497.jpg


今月に札幌で開催されるOneLOVE-うつわチャリティーマーケットに参加することになりました。全国のうつわ作家が作品を寄付し、チャリティーで得た収益金の全額を日本赤十字社に義援金として寄付します。

僕も自分なりに何か出来ないかと考えていたところに、このようなイベントの知らせが来たので即参加表明をさせて頂きました。地震でいくつかの作品は割れてしまいましたが、幸い完成前の素焼が地震に堪えて生き残ってくれていたので、それを本焼して寄付したいと思っています。教えてくださったアトリエミシェルのTさんに感謝です。

開催日時は4月22日、23日、24日の三日間で、開催場所は札幌市にあるイルムス/ステーション999というところです。僕は行けませんが、代わりに作品達が売れて少しでも義援金としてお役に立てれば幸いです。4月10日が参加表明の締め切り日となっています。参加を希望される方は下記ホームページから詳細をご覧下さい。

2011東日本大震災復興支援「OneLOVE-うつわチャリティーマーケット」

↓よろしければクリックをお願いします♪
# by lepote | 2011-04-06 23:50 | 私事 | Trackback | Comments(4)

開業一周年

a0163716_2132228.jpg


陶芸工房を開業してから今日で丸一年が経ちました。振り返ってみるとあっという間に過ぎた一年でした。トタンを貼ったりペンキを塗ったりして作った手づくり工房でしたが、今でも不具合は無いし問題ないですね。震災でも倒壊しなかったし、結構丈夫だということを確認できました。笑

ご存知のように3月11日に起きた東日本大震災で、僕は工房にいて被災しました。ちょうど陶芸教室をしている時で、生徒さんは2名いらっしゃいました。咄嗟の判断で外に避難し、全員怪我が無かったことが幸いでした。そして何より工房が無事だったことが何よりの救いでした。

工房開業以来、紆余曲折しながらここまで来ましたが、一周年を迎える直前に大災難に合うとは誰が想像できたでしょうか。それも戦後最大といわれる大自然災害に。紆余曲折どころか紆余屈折くらいなところです。しかし起こってしまったものは後には戻れません、よね。ドラえもんでもいない限りは・・・

写真は地元川俣町にある駒桜です。工房から車で3分くらいのところにあります。樹齢は500年とも600年とも云われていて、それはそれは見応えのある一本桜です。福島県では毎年県内の桜番付が公表されていて、駒桜は三春町の滝桜(横綱)に次いで大関の称号を頂いています。

今年もこの駒桜から力をもらって、今まで以上に前向きに頑張っていきます!

↓1日ワンクリックをお願いします!
# by lepote | 2011-04-01 22:30 | 私事 | Trackback | Comments(5)

取っ手の取付け

今日は作業が中断していたコーヒーカップの取っ手の取付を行いました。大分寒さも和らいできて時折春らしい陽気になってきたので、最近はストーブを付けなくても作業が捗るようになりました。

a0163716_2226357.jpg


東京では例年より八日遅れで桜が開花したようです。その開花予測の判断となる場所は靖国神社だったんですね。東北では4月上旬〜下旬に桜が咲くようです。今年は今まで行ったことがなかった三春の滝桜に行ってみようと思っています。

↓クリックを宜しくお願いします♪
# by lepote | 2011-03-29 22:37 | 私事 | Trackback | Comments(0)

本日のお客様Vol.50

記念すべき50組目のお客様は川俣町からお越しのこのお二人です。ぱちぱちぱち。お越しいただきましてどうもありがとうございました!工房の片付けも一段落して、更にきれいになった工房はどうでしたか?え?気づいてなかったですか?ピカピカだったでしょ?笑

a0163716_0324017.jpg


さてさて、今回はろくろ体験でした。お二人は日常使いのご飯茶碗を作りたいということでしたので、練習も含めて黙々と制作されていましたよ。お二人とも集中して最終的には全部で8つの器を作っていただきました。

心が落ち着きましたか?陶芸でも特にろくろは心を落ち着かせ、精神統一するために良い方法だと思います。土に触れ自分と向き合い、集中し時をも忘れる。最後は良い疲労感と共に、できた器を見つめ爽快感に浸る。精神の乱れをこの短時間の労働は癒す効果があるのだと僕は思うのです。

a0163716_0323250.jpg


うんちくはさておき、今回の一日陶芸体験でいつもの日常がまた戻ってきました。皆さんの笑顔、そして語らいを通して、やっぱり僕は人とのふれあいがないと生きていけないことを痛感しました。今回お越し下さったお二人には本当に感謝します。どうもありがとうございました。完成をお楽しみに!

★ル・ポットの一日陶芸体験のお申し込みはコチラ★

↓1日ワンクリックをお願いしまーす!
# by lepote | 2011-03-27 23:59 | 一日陶芸体験 | Trackback | Comments(0)

階段越しの

a0163716_22465994.jpg

# by lepote | 2011-03-26 23:28 | 私事 | Trackback | Comments(0)

コーヒーカップの釉掛け

工房再開しました!よーし頑張るぞー!原発なんか吹っ飛ばせーー!・・・いやいや、吹っ飛ばしてはだめですね。。。収束を祈りつつ僕は黙々と作業を続けます。今日は前に素焼きをしておいたコーヒーカップの釉薬掛けを行いました。完成したら展示作品のところに飾ろうと思います。

a0163716_19391677.jpg


生徒さんから預かっていた作品もたくさんありますので、本焼きも再開します。電気も使えるしガスも使えるようになりました。いままで当たり前にあった燃料、これほど貴重なものだったとは・・・。頭では分かっていても改めて認識。今まで以上に大切に使わないと!
# by lepote | 2011-03-25 22:29 | 私事 | Trackback | Comments(0)

感謝と新たな決意表明

震災後、何も手につかない日々が続いていましたがようやく昨日から工房を再開することができました。国内だけでなく海外からも、たくさんの方から励ましのメールやコメント、電話を頂き涙が出るほどうれしかったです。この場を借りて皆さんに感謝申し上げます。本当にどうもありがとうございます。

皆さんの励ましもあり、沈んだ気持ちを奮い立たせることができました。また地元の同じ境遇に立たされている仲間とも今まで以上に力を合わせて頑張ろうと誓い合いました。福島県は報道されている通りまだまだ不安定な状況ではありますが、それと同じように県民一人一人が沈んだ気持ちのままだと先の見えないトンネルになってしまいます。

当たり前の生活が当たり前ではなくなってしまった事実を真摯に受け止めて、今自分にできることを見つめなおした結果、今までの当たり前に過ごしていた生活を取り戻すことが必要なことなんだと深く感じています。

僕にできることは微力でしかないけれど、陶芸という分野で人に笑顔を作ることはできます。先日、地元で避難所生活をされていた子供たちに陶芸ボランティアを申し入れました。残念ながら避難所にまとまった場所がなく、外に出ることも懸念されたため現実には至りませんでしたが、また機会があればそういうことも率先して行いたいと思います。

一人でも多くの人を幸せにしたいと今まで以上に感じるようになりました。作家活動ばかりになってしまうと、どうしても自分よがりに陥りがちなのですが、自分を支えてくれる人や応援してくれる人、大勢の人たちに支えられて僕は今こうして生かされていると思うと、当然自分だけ良ければいいという考えには至りません。

何か人のために尽くしたいという献身的な気持ちが、この震災を通して自分に芽生えたこと、これは僕にとってはとても大きなことでした。正直なところ今までは何をするにも自分のために生きてきたからです。今思うととても恥ずかしい話です。

人のために尽くす陶芸家として気持ち新たに頑張っていきます。陶芸教室も作家活動も、全てにおいて人のために尽くすことをしていきたいです。また一からの再出発です、至らないところ多々あると思いますが、温かく見守っていただけたら幸いです。これからもどうぞよろしくお願いします。

PS:ブログもできるだけ毎日更新していきます。今まで見てくださっていた方のためにも工房のことや僕自身のことを書き綴っていくつもりです。
# by lepote | 2011-03-23 23:27 | 私事 | Trackback | Comments(2)

東北・太平洋沖地震ー近況

昨日起きた東北・太平洋沖地震の影響で現在も予断を許さない状況が続いています。
亡くなられた方、今だ行方不明の方の安否が心配です。昨日から休まず懸命に災害救助をされている方々に心から感謝します。本当に本当にお疲れ様です。。。

地震発生時は工房にいました。震度6強でした。人生で経験したことのないものすごく強い揺れでした。陶器は次々に床に落ち割れ、本は散乱し、壁と床と天井が激しく揺れ動き、立っていることがやっとでした。とっさに外に逃げたのですが、工房前にある駐車場の地盤が液状化しているように見えました。そして地割れが何本もできました。

震災時、死も一瞬頭によぎりましたが、自分もまた自分の家族も全員無事だったので、本当によかった。本当にホッとしました。それに工房も倒壊しなくて本当によかった。それだけが救いです。

現在僕は工房からさらに内陸に入ったところにある福島市にいます。原発から約60キロの地点です。原発から半径20キロの範囲で非難指示がでていますが、離れているとはいえ安心できない状況です。最悪の場合を想定し家族共々非難準備をしています。

いまでも市内は断水、ガスが使用できません。←誤認訂正:現在復旧しているようです。給水車から少しの飲み水をいただきました。唯一電気は使用できますが、節電をしています。工房がある隣町の川俣町全域ではまだ停電中です。その他の地域でも停電が続いている状況です。また頻繁に余震が続いています。

テレビで流れている悲惨な映像を見るたびに心を痛めています。相馬も気仙沼も子供の頃よく遊びに行ったところです。そこがあんな状況になるなんて、、、今でも信じられません。もう何がなんだかわかりません。思考の域を超えています。。。

昨日から連絡がつながりにくい状況が続いていますが、その中でも心配して連絡をくれた方、本当にありがとう。僕は無事です。今のところ落ち着いています。ただまだ行方がわからない人がたくさんいます。安否が心配です。亡くなられた方、またそのご家族、本当に辛い思いをされていると思います。心からご冥福をお祈りします。

まだどこで何が起こるかわかりません。皆さんも十分気をつけて下さい。
# by lepote | 2011-03-12 19:46 | Trackback | Comments(6)

Le Poteの由来

今でこそ工房の名前は「陶工房Studio Le Pote」ということで営業をさせて頂いておりますが、工房が出来る前は名前決めで相当悩みました。実際半年くらい名前のことを考えていました。ざっと数えても100通り以上の名前を考えて、逆に考えすぎて最後は訳が分からなくなっていました。笑

最終的に現在の名前に決まりましたが、それに決まる前に最有力候補でもうこれっきゃない!と思っていたのが「齋藤陶学」です。がっちがちに固くるしいのですが、デザインにはそれをむりやりソフトに見せようという努力が見えます。中央の鳥の羽は印籠だろ、これは。そんなに偉いのか?

a0163716_23381118.jpg


陶学・・・陶芸を学ぶ・・・こうやって改めて見てみると、上のサブタイトルを見なければ初めて見た人は何のことやら分からないですよね・・・。よかった、これにしないで。笑。でもこれはこれでありかもなんだけどなー。

Le Poteの「Pote」はフランス語で仲間という意味なのですが、ここだけの話、あとで知ったことです!実際、陶芸のことを英語でPots(ポット)という場合があって、それをたまたまフランス語で調べてみたらPotに近いPoteという単語があって、さらに調べたら仲間という意味だったので、これだ!となったわけです、はい。

あとスタジオとアトリエで悩みました。アトリエってatelierって書くので、あまり馴染まなそうに思ったし、よくオージーは「ポッタリーストゥーディオ!」(Pottery Studio:陶芸工房)って言っていたので、スタジオにしたのでした。そういうことなのでした。これからも陶工房Studio Le Poteを宜しくお願いします!笑

↓1日ワンクリックをお願いしまーす!
# by lepote | 2011-03-10 23:49 | 工房 | Trackback | Comments(2)